HDDを交換する 〜 ハードディスク 修理

main_top_over_navi
main_top

HDDを交換する

HDD(ハードディスク)は、パソコンの中にあるすべてのプログラムとデータを保存したものです。モーターを持った機械ですから、長く使っている間に壊れてしまう可能性もがあります。パソコンを使用している時に、金属音のような変な音がするようになってきたら、多分HDDが壊れかけていると思われます。ハードディスクのモーター部分から音がしていると考えられるのです。データが読めなくなってしまう前に、ハードディスクを新しいものに交換しなければなりません。

HDDをコピーするには、ふたつのハードディスク間でデータをコピーする方法もありますが、Windowsシステムはコピーできません。そのような場合は、システム全体をコピーしてくれるソフトウェアを使用するか、Windowsを新しいHDDにインストールする必要があります。パソコンに実装しているHDDと同じ型のものを購入して、Windowsをインストールするのです。その作業を行う前には、壊れかけているHDDのファイルを安全なところにコピーしておくことも肝心です。いつ壊れてしまうかわからないからです。

HDDを壊れかけで何の対策も無く使い続けるのは、保険をかけていないクルマを運転しているようなものです。もし、事故を起こしたらどうするつもりなのでしょう。ネットワークで接続された別のパソコンでもいいですし、USB接続などの増設用HDDでもいいです、必ずコピーする場所を作っておきましょう。待避先のHDDの容量が十分あることを確認して、ひとまずコピーを済ませてしまってから、落ち着いてHDDの交換作業に入りましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 ハードディスク 修理 All Rights Reserved.

無利息期間 キャッシング