HDDの電源 〜 ハードディスク 修理

main_top_over_navi
main_top

HDDの電源


HDDにはたくさんのデータが入っています。パソコンの中で最も重要なものです。しかし、HDD自体はモーターを持った機械です。最も壊れやすいものともいえます。HDDが壊れるということは、中のデータが壊れている場合と、HDDそのものが壊れている場合の、ふたつが考えられます。HDDそのものが壊れるのは、どのような原因が考えられるでしょうか。

HDDの中には円板が回転していて、その表面をピンセットのようなコイルでなぞることでデータを読み出します。円板とコイルの距離は、ごくわずかです。顕微鏡でしか見えないような世界です。HDDにデータを書き込んでいる時に電源が切れたりすると、コイルを制御しているコントローラが止まってしまいます。円板とコイルの接触が発生すると、円板に致命的な傷が入ってしまいます、。そのようになると、読み書きができなくなるのです。

HDDは、通常の使用状態ではこのようなことにはならないようになっています。データの読み書きを行わない時には、コイルを円板に接触しない安全な位置に移動させるという機能が働く仕組みなのです。これらの仕組みも、HDDの電源が入っている状態でのことですから、予期しない停電や間違ってコンセントを切ってしまった場合のアクシデントなどには対応できません。そのような急な事故も、HDDの故障の原因になるのです。
実際には、HDDが壊れることは稀です。しかし、ファイルの破損はかなりの確率で発生すると考えたほうがよいでしょう。ノートパソコンではバッテリーが付いていますから、そのような心配はありません。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 ハードディスク 修理 All Rights Reserved.

無利息期間 キャッシング