HDDの熱 〜 ハードディスク 修理

main_top_over_navi
main_top

HDDの熱


パソコンを使用していると、本体がかなり熱くなってくることに気がつきませんか?パソコンにはファンが付いていますが、かなりの熱風が吹き出しています。パソコンの中で一番熱いのはCPU、その次ぐらいがHDDです。CPUのような電子部品は、多少熱くなってもファンが回っていれば壊れることはありません。しかし、HDDはモーターが回転していますから、熱によってだんだんと機械も劣化していきます。最後には、壊れて動かなくなることもあるのです。

パソコンは、効率よく放熱できる構造になっています。デスクトップであれば、空気の取りこみ口と吹き出し口があります。そこを書類などで塞いでしまわないように気をつけましょう。ファンの音が異常に高かったりしたら、ほこりなどで目詰まりを起こしている可能性があります。掃除をすることをお勧めします。

ノートパソコンであれば、ほとんどの機種が底面から空気を取り込むようになっています。電源を切った状態でノートパソコンを裏返してみると、奥の方の両サイドに足を立てるようになっていませんか。その足を立てておくと、机とパソコン本体との間に隙間ができるようになります。空気の取りこみと放熱を、効率よく行うためのものです。ですから、ノートパソコンはできるだけ足を立てた状態で使用してください。内部の温度が高くなりますと、HDDが壊れる可能性が高いのです。大切なデータが保存されているのですから、大事に扱ってください。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 ハードディスク 修理 All Rights Reserved.

無利息期間 キャッシング