別のHDDを接続する 〜 ハードディスク 修理

main_top_over_navi
main_top

別のHDDを接続する


HDDは、通常のパソコンでしたら一つだけついています。パソコンには複数のHDDを接続することもできますから、そのときは一台のHDDが故障した場合にも利用することができます。複数のHDDがある場合、Windowsが起動するHDDを指定することができるようになっています。追加するHDDにWindowsをインストールして、そのHDDから起動できるようにするのです。

HDDが故障するとき「D:」などと表示されるようにしておきます。すると、Windowsが起動した後で、その「D:」が正常に表示できているのであれば、故障の程度は軽いと判断してよいでしょう。まずは、バックアップのために「D:」の必要なデータを「C:」にコピーします。故障の程度が軽いといっても、いつ読めなくなってしまうかはわかりません。バックアップさえしておけば、壊れてしまっても安心です。

HDDが「D:」として表示されないような状態になってしまったとき、症状は深刻です。それでも、HDDが物理的に壊れているのか、単にデータが壊れているのかを判断することはできません。必要なファイルが存在しないといえるのならば、壊れたHDDにWindowsを再インストールしてもかまいません。再インストールすることで全く問題なく使用できるということもよくあるのです。

HDDの故障というのは、様々な現象がおこります。いずれの場合でも、必要なデータをまずバックアップすることが大事です。データさえ確保できれば、後は落ち着いて修理すればよいのです。


ハードディスクのトラブルならこちらのサイトもご覧ください。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 ハードディスク 修理 All Rights Reserved.

無利息期間 キャッシング