HDDの故障 〜 ハードディスク 修理

main_top_over_navi
main_top

HDDの故障


HDDは、パソコンのプログラムやデータを保存するため機械です。HDDの内部は、CDと同じような円板が何枚も重なっていて、そこが高速回転しています。パソコンに不要な衝撃を加えますと、円板の表面に傷が入ることがあり、それによってハードディスクは致命的な故障を起こしてしまうことがあります。円板の一部分に傷が入っただけであれば、その部分を使用しない状態にすればその他の部分は使用できます。しかし、傷が入った部分にあったファイルは、壊れて読み出せなくなります。

HDDの円盤の傷にあったファイルが、もし重要なものであった場合には、Windowsが立ち上がらないなどの多大な影響が生じるかもしれません。ですから、パソコンが起動中には衝撃を与えないようにしましょう。通常の使用状態であれば、それほど神経質になる必要はありません。特に、ノートパソコンでしたら、起動中にパソコンの向きを変えるとか、場所を移動するなどのことが日常的にあるので、製造元でも衝撃対策を行っているでしょう。それでもパソコンを落としてしまう、というようが事故がおこれば、それは故障の原因になります。

HDDが動いている時は、表示ランプが点滅したりしているので、そのときには必ずパソコンを動かすといったことのないよう、注意しておいた方がよいでしょう。HDDには、たくさんのデータを入れることができます。しかし、所詮は機械ですから、壊れてしまうことがあるのです。常に、壊れるかもしれないということを念頭において、大事にパソコンを使用しましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 ハードディスク 修理 All Rights Reserved.

無利息期間 キャッシング