HDDの故障の原因 〜 ハードディスク 修理

main_top_over_navi
main_top

HDDの故障の原因


HDDは、パソコンに内蔵されているとはいえ、通常はあまり意識しないものかもしれません。しかし、いざ故障などが起こってしまった時は、突然困ってしまいます。HDDとは、まるで空気のように気付かない存在なのに、なくなって初めて重要だったと思ってしまうのです。データのバックアップは必ずやっておきましょう。まさに「後悔先に立たず」なのです。

HDDの故障の原因は、どのようなことが挙げられるでしょうか。HDDはモーターによって円板が回転しています。その内部は微細な構造ですから、振動には弱くなっています。最近のHDDは、ノートパソコンを想定していますから、ある程度までの振動には耐えられるように設計されています。パソコンの電源が入っていても、データの読み書きを行っていない時はモーターの回転を下げたり、停止させたりする機能が付いています。少しでもHDDの故障を防ごうということです。

HDDは、それでも不慮の事故で故障することがあります。衝撃の他の原因には、熱があります。密閉された構造の中でモーターが回転しますから、発熱はかなりのものです。単体でファンなどを使用しない場合は、手で触れなくなるぐらいに熱くなってしまいます。パソコン本体の空気の流れを遮断しないようにしましょう。空気の取りこみ口や吐き出し口に、紙などをおいて塞ぐことのないようにしましょう。このような注意を払っていても、故障は避けられない場合があります。必ず、バックアップを日常的に行っておきましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 ハードディスク 修理 All Rights Reserved.

無利息期間 キャッシング