HDDの最適化 〜 ハードディスク 修理

main_top_over_navi
main_top

HDDの最適化


パソコンのHDDは大容量化が進んでおり、多量のデータを保存できるようになりました。しかし、HDDの基本構造は変わっていません。HDDのアクセススピードを少しでも速くするために、「最適化」というものを行う必要があります。これは「デフラグ」とも呼ばれています。ファイルは、HDDの中では一定の単位で細切れ状態で保存されています。ファイルを削除したり更新したりすることで、細切れ状態のデータがばらばらになっていきます。そのうち、ファイルとして使用されている部分と未使用となっている部分が入り混じって存在してしまいます。この状態を「フラグメンテーション」と言います。

HDDの最適化とは、このフラグメンテーションをきちんと並び変えることです。「デフラグメンテーション」、略して「デフラグ」と呼ばれます。デフラグの機能は、Windowsの中に標準的に用意されています。しかし、使用する人がその機能を実行しないならばデフラグはできません。ですから、時々はデフラグを行いましょう。デフラグの方法を以下に説明します。
1.「マイコンピュータ」を開きます。
2.Cドライブを選択して、右ボタンをクリックします。
3.メニューの中からプロパティを開いて、「ツール」の「最適化」を選択します。
4.そして、実行するだけです。
 ばらばらになったHDDの中をきちんと整理することによって、パソコンのスピードもいっそう速くなります。体感できるほどのスピードになるかどうかは、ばらばらの状態によって変わります。新品のころよりも遅くなったと感じているのであれば、ぜひやってみてください。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 ハードディスク 修理 All Rights Reserved.

無利息期間 キャッシング