ファイルの復活 〜 ハードディスク 修理

main_top_over_navi
main_top

ファイルの復活


パソコンのHDDに関するトラブルの大半は、ファイルを間違って消してしまうことがほとんどではないでしょうか。HDDは機械ですから、物理的に壊れてしまうという可能性はありますが、そう簡単に壊れるものでもありません。ファイルを間違って消してしまうということは、人がやることですから時々は起こってしまうと考えられます。では、実際にファイルを削除してしまった時にはどうしたらよいでしょうか。ファイルの復活について紹介します。

ファイルの削除というのは、実際にファイルを消しているのではなく、そのファイルに「未使用マーク」を貼り付ける作業を意味しています。この「マークを貼る」というのは、あくまでもイメージです。データとしてそのような印を付けるということです。未使用マークが貼られたら、フォルダを開いてもそのファイルは表示されません。しかし、データとしては実際には存在しています。それを再び表示されるようにするのが、ファイル復活ソフトです。

ファイル復活ソフトは、流通しているソフトウェアもたくさんありますが、フリーソフトもあります。いろいろ試してみて、自分が使いやすいものを見つけておきましょう。実際に必要になってから探したら、復活のチャンスを逃してしまうかもしれません。その理由は、「未使用マーク」を付けたエリアは、いずれ使用されるからです。使用された時点で、ファイルのデータは完全に消えてしまうので、間違ったファイルを消してしまったと思ったらすぐに、ファイルの復活をするのが理想的です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 ハードディスク 修理 All Rights Reserved.

無利息期間 キャッシング